面接での転職の動機は慎重に考えて返答する

転職時に行われる面接において、必ず質問されるのは転職の動機についてです。ある調査では、転職の動機について尋ねた場合、最も順位の高いものが人間関係の問題だという結果が出ました。人間関係というと職場の上司や先輩、同僚に対して不満があるということですが、退職の動機として正直に話してしまうと問題がありそうです。前の会社を辞めた理由は、嫌な上司や同僚がいたからですと言ってしまえればいいのですが、面接では言わないほうが結果的にプラスになります。本当のことを言わなければならない道理はありませんので、何か適当な動機にしておきましょう。多くの人が、仕事を続けていく時に、もう辞めたいと思うことがあるのではないでしょうか。会社でイヤなことがあったり、他にやりたいことがあった場合などに、転職のことが頭に浮かぶものです。今の仕事を辞めたいと思った時に、発作的に辞めてしまうという人はあまりいませんが、軽々しい決断はやめましょう。会社が変われば、よほどのスキルがない限り、給与が上がるということはないでしょうから、下がることを前提に考えなければなりません。先のことを深く考えずに退職し、流されるように次の仕事につくような転職のしかたをすると、納得のいかない働き方をすることにもなるでしょう。人間関係が理由で、今の仕事を辞めざるをえないことはありますが、その場合でも、次の仕事への転職が成功するように準備をすることが大事です。転職の動機は、できるだけポジティブな表現ができるようにしましょう。たとえ事実がネガティブなものでも、ありのままを話す必要はありません。http://vertical-bar.com/